【2019】砂の器、脚本も演技も酷いの声…ただし柄本明の別次元の演技に絶賛集まる・みんなの反応

砂の器は名作なんですよ。で、原作を読んだ人、映画版を見た人みんな名作だって言うのをわかっているんですね。だからこそ期待したい、だけど期待外れのショックもでかいと。

ドラマも何度となくやってます。ドラマの方を調べてみると1977年版からハンセン病設定は変更されていて、この時は精神疾患になってました。和賀英良は田村正和!でした。

1991年版ではハンセン病設定は犯罪を犯した設定へ。和賀英良は佐藤浩市です。これ以降犯罪バージョンになっているみたいですね。

特に中居正広版は連ドラで最高視聴率26%いったこともあって「まだまだいける」って思ったでしょうね。玉木宏バージョンで16%でしたから。

で、今回は11%だったそうです。これを高いとみるか低いとみるか。

松本清張の砂の器の大枠だけを借りて内容を現代にしてしまうなら、もうオリジナルでいいんじゃないのか。そろそろそんな気がしてきました。脚本家はラクしすぎ。

砂の器はもっと鬱々としていていいんですよ。キラキラの王子さまは必要ないんです。テレビ局はそういうところが剥離してるんですよね。。

スポンサーリンク

砂の器でやる意味?

演技どうなん…

柄本明が別次元

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする