繰り返す寝違えの原因はストレスの可能性が!?心と身体が悲鳴をあげている!

朝起きると寝違えているのか、首が痛いことが日常的になっているあなた。繰り返す寝違えの原因は何か?解明しましょう。

ただ寝相が悪いわけではなく、寝違えは心や内臓の不調が原因、という可能性もあります。改善しないと、あなたを襲うかもしれない問題についてもお話します。

スポンサーリンク

・繰り返す寝違えは心や内臓の不調から来ている可能性も?。

慢性的な寝違えは頭の使いすぎ、つまりストレスを感じている事が原因の一つとして挙げられます。ストレスがたまっていると、体が緊張している状態が続きます。

背中や肩の筋肉が凝り固まり、首に負担がかかりやすくなるため寝違えになります。そして、ストレスがたまってくると眠りが浅くなり睡眠不足の状態となります。

睡眠不足の時は、寝返りをうつことが減り、不自然な形で寝続けることになります。結果的に、首の寝違えを起こしてしまうのです。

また、寝違えている方向にある内臓が弱っている事が原因の場合もあります。

もし、首の左側が痛い場合は、膵臓や胃が原因という可能性があります。反対の右側が痛い場合は、肝臓が問題になっている場合があります。

内蔵が弱っていると、背中の張りやこりにつながります。背中の筋肉にもつながっている、首の筋肉にまで影響を与え、痛みとなって現れます。内蔵が弱る原因は、飲酒やカロリーの高いものを摂り過ぎ、食べ過ぎなどが挙げられます。

その他、心や内臓不調以外で考えられる原因は、毎日使う枕があなたの首に合っていないという場合があります。枕が高すぎる低すぎる、柔らかすぎるなど原因は様々です。

人それぞれ頭の大きさや形は異なるため、マイ枕の購入を検討してみてください。

肩こりが原因で首の寝違えが発生している可能性も否定できません。そして加齢により、頚椎が変形してしまっている、という場合もあります。頚椎の形が変わることで首の痛みが出やすくなります。

私もつい先日、首の寝違えが続き、不安に感じていたのですが・・・残業続きで、心身共にストレスが溜まっていたからか、仕事のピークが過ぎると、症状がおさまりホッとしました。^^;

・身体の中から改善しないと寝違え以上に恐ろしい事にも!?

首が寝違えている状態は、いわゆる捻挫と同じ状態になっています。寝違えた首を放って置いた場合、通常は数日で痛みはひいてくるかと思います。ですが痛みが続いて、むしろ痛みがひどくなっていると感じる場合は、首の頚椎椎間板ヘルニアの場合があります。

頚椎の骨の間にある、椎間板と呼ばれる箇所が、クッションの役目を果たせず、骨同士がこすり合い、神経を圧迫することとなります。結果、首に痛みやしびれなどの症状が出るのです。

首の寝違えが日常化している方は、生活習慣を見直してください。

まず、水分不足を解消するため、水分補給を行いましょう。体内に十分な量の、ナトリウムとカリウムが無いと体内の栄養バランスが崩れ、首を寝違えやすくなります。

また、ミネラルを多く含む食事を摂りましょう。ミネラルは魚類や海藻類から摂取することが可能です。

そして、首を温めるようにしましょう。血行を良くすることで、痛みが和らぎます。痛みが出るときだけでなく、日常的に首や体全体を温めることは、健康につながります。

同時にストレッチを生活の一部に取り入れましょう。首が痛い時は、首に手をあてて、ゆっくり横に傾け筋肉を伸ばしましょう。首のストレッチのポイントは、ゆっくり動かすことです。

・まとめ

首の寝違えには、様々な原因が潜んでいます。放って置いてもひどくはならないから、と言っても痛みが気になりながら毎日過ごすことは苦痛です。

何もしないと、内臓の病気を見逃し、首の寝違えだけでは済まなくこともありますよ。また、心身共にストレスを感じている、という体からのサインの可能性もあります。

寝違えの原因として、考えられることを洗い出して対策を立ててくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする