もしかして騙されているかも…!? 10金と18金の違いや見分け方とは?!

女性なら誰でも大好きな貴金属。

ですが、10金と18金でプレゼントされるならどっち?

そりゃ迷わず18金を選びますよね?だって18金の方が、10金より金が多く含まれていて豪華だもの!

そんな声が聞こえてきそうですが、実際のところ10金や18金は、言葉やイメージだけが先行して違いが分からない。

10金には10金の魅力があり、

18金には18金の魅力があるのです。

金は種類があり、それぞれの魅力があります。意外と知らなかった金のことを、詳しく簡単に紹介しますね!

スポンサーリンク

10金と18金の違いと特徴、見分け方とは?

金の種類は簡単に言えば、24金を100%(純金)とした24分割になっています。

  • 24金は純金100%
  • 18金は約75%金、残りは銀または銅
  • 14金は約58%金、残りは銀または銅
  • 10金は約42%金、残りは銀または銅

残りの金属を「割り金」といいます。

銀や銅、意外にもホワイトゴールドは、パラジウムが使われていることもあります。

簡単ですが、10金と18金の違いをまとめると、

  • 10金は、変形しにくい、価格が安い
  • 18金は、変色しにくい、アレルギーを起こしにくい

となります。

そして当然、価格に差は出てきます。その理由は金の価格が高騰していて高価な物だからです。ですが正直、10金と18金は一般的に見れば、輝きは変わりません。若干、18金が10金よりは、イエロー感が強く輝いているかも知れませんね。

どちらも金を混ぜてある本物です。参考画像が載っているサイト

http://brilharjewelry.com/archives/462

(外部サイトです)

ですが10金は18金よりも、リーズナブルな価格で購入できます。10金と18金の違いは、変形しやすいところでしょうか?10金の方が変形しにくいです。

だからといって、18金が弱く、熱で簡単に変形することはありません。プラチナやシルバーよりは硬い素材と言えますし、意図的に思いっきり堅いものに当てて、変形させないかぎりは、支障ありませんよ!

アレルギー体質なら、18金よりも10金がおすすめと言われますが、銅や銀が含まれているのでカブれる方はカブれます。

金に他の金属を混ぜる理由

何故、純金100%のままじゃなくて、金に他の金属を混ぜてしまうのでしょうか?それは、ジュエリー製品として販売するときに柔らかくなり壊れやすいからです。

金塊で持ち歩く人はいませんよね?ジュエリーとして身につける場合、細工や加工をする訳です。その度に傷つき、壊れてしまっては製品になりません。

金は他の金属とも混ぜやすい特徴があります。他の金属と混ぜることでより硬くなり、色の美しさも増し魅力的な輝きを放ちます。金に他の金属を混ぜることで様々な色を作りだすことができるのです。

例えば、

  • イエローゴールド
  • ピンクゴールド
  • ホワイトゴールド
  • 金に銀だけを混ぜたグリーンゴールド
  • 金に銅だけを混ぜたレッドゴールド

金に混ぜる色合いで、金の色は微妙に変化して行くのです。

まとめ

貴金属を購入するときに、デザインや金の多さを基準にしている女性が多いと思います。ですが、たとえ10金であろうと、何年も変らず輝きを保つことができます。

それは保存状態の良さです。汗や皮脂で変色しやすく、とくに石など装飾されている場合は注意が必要です。18金だからといって、絶対に変色しないことはありえない。

とくにピンクゴールドやホワイトゴールドは、汗や皮脂に弱い部分がありますので、お手入れをしてあげましょう!

そうすれば10金も18金も、何年経っても輝きを失うことはありませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする